実は生活習慣病の初期症状としてEDになるケースは少なくありません。死亡原因の半分以上を占めている生活習慣病とEDの重要な関係性について詳しくご紹介したいと思います。あなたは本当に大丈夫ですか?

不整脈とEDの関係そして女医の診察

不整脈の人でEDの少々を抱えている人も居るでしょう。生活習慣病も深くかかわってきますので、健康診断等で発見された場合は、医師の診察を受けるようにしてください。不整脈の方で運動を制限されている方もいます。そのような方は性行為もリスクがある運動になりますので制限がかかりますが、特に運動に関しては指摘されていない方は性行為をするために、ED治療薬を用いることも可能です。

ただし不整脈の治療をしており、何らかの医薬品を服用している場合は、必ず主治医とED治療薬を処方してくれる医師に相談するようにしてください。ED治療薬として代表的なバイアグラは服用することができる方もいますが、一部の抗不整脈薬で相性が悪い医薬品もあります。必ず処方してもらうことは、以前不整脈があったことと、治療薬の服用を申告して処方を受けるようにしてください。リスクがある治療薬であることを認識することから、改善策が生まれますので、それを怠らないようにしましょう。

ED治療をするためにクリニックに行き、担当医は女医であれば、それは男性として緊張するでしょう。一部のマニアの方であれば、勃起不全が改善する可能性があるかもしれませんが、ほとんどの方はそのような期待を持つことができず、ただ緊張しかないはずです。ただEDの診察をする場合、ペニスの診察をするわけではありませんので安心してください。男性器の反応を確かめるために、医師の前にさらけ出すと思い込んでいる人も多いですが、問診で診察をしているのがクリニックです。男性特有の悩みを解消するためのクリニックに女医は少ないですので、抵抗感がある方は、そのようなクリニックを受診すると良いでしょう。