実は生活習慣病の初期症状としてEDになるケースは少なくありません。死亡原因の半分以上を占めている生活習慣病とEDの重要な関係性について詳しくご紹介したいと思います。あなたは本当に大丈夫ですか?

ペネグラにおけるED克服の効果と連続服用の問題

疲労やストレスそして加齢などが原因は多様ですが、勃起不全(ED)で苦しむ男性は多いです。これに対してまず試みられるのが、ED治療薬・勃起薬勃起薬です。飲んだあと30分から1時間くらいで勃起が促進されます。この薬は、勃起を阻害する要因であるホスホエステラーゼ5という特殊な物質を排除して、性器の血液量を増加させて勃起させる働きをもっています。パイアグラ、ペネグラ、イアグラ、シアリス、レビトラなどの製品があります。この中で特にペネグラとは、パイアグラの名前で有名な薬とほぼ同じ機能を持つジェネリック医薬品です。価格が安く、パイアグラと同じシルデナフィルという成分が含まれているだけでなく1錠につきパイアグラの倍くらいの量が含まれています。パイアグラは高いので、勃起効果が同じならば価格がとても安いペネグラを購入する人が多いわけです。ペネグラの飲み方は、食前に服用が原則です。空腹時はより高い勃起の効果が出ると言われています。もちろんアルコールをひかえ、食後に服用するならばできかぎりあっさりしたものがよいでしょう。ペネグラだけではなく勃起不全治療薬全般の特徴ですが、人によって軽度の副作用が出ることもあります。例えば、頭痛や顔、おでこなどのほてりやのぼせの症状です。お腹の不快感、下痢なども時々出現することもあります。副作用が心配な方は、ピルカッターなどで薬を切りとり4分の1錠くらいにしておけばよいです。ちなみに日本人は、半錠、4分の1程度でも効果は十分であると言われています。問題点としては連続服用です。ぺネグラやパイアグラは、使用するにつれて効果が弱くなり、薬を飲む量が増えてしまうことがあるということです。薬に頼りすぎると自力で勃起する力が低下してしまうのです。普段から健康維持に気をつけ薬に頼り過ぎないような環境づくりが必要であると言えます。